花粉症対策の医薬品とグッズとは?辛い花粉を乗り切ろう!

アレルギーの薬花粉症などのアレルギー症状を抑える薬で、近年一般の薬局でも販売されるようになった薬がアレグラです。
抗ヒスタミン薬といわれる薬の中でも、アレグラはアレルギーに悩む人におすすめです。
アレルギー症状の原因となるヒスタミンの受容体をブロックしそのはたらきを抑制することで症状を抑えます。

あくまでも症状を抑える対症療法的な薬であるため、根本的にアレルギーを治すものではありません。
花粉症の他にも、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などにも用いられます。
また、アレグラは飲めばすぐ効くといったタイプの薬ではありません。
飲み続けることによりだんだんと効果が出てきます。

花粉症の場合は、症状が出る1~2週間前から飲み始めるとその後の花粉症の症状が軽くすみます。
症状が出ていないからといって油断せず、早めに飲み始めることが大切です。
アレグラの副作用は弱く、眠気は少し出ますが、副作用としてはかなり弱いため、花粉症に処方される薬としてはとても一般的です。
運転される方や、眠気が出ては困るという方に特に処方されることが多い薬です。

しかし、眠気の出方や感じ方は体質的なものもあり人それぞれです。
アレグラは、2012年に市販薬としての販売が許可され、一般のドラッグストアや薬局などでも購入できるようになりました。
第一類医薬品のため、薬剤師がいる薬局でないと購入することができませんが、医療用と同成分であることから効果も高く、なかなか病院に行けない忙しい方にとっては嬉しいニュースではないでしょうか。
花粉症の対策としては、マスクやメガネなど外から花粉の侵入を防ぐと同時に、適切な薬を使用して体の中から花粉症の症状を抑えていくことで、つらいシーズンを少しでも快適に過ごすことが大切です。