アレルギー症状にはアレグラの服用と体調を記録することが大切!

パソコンとデータを記録する手帳アレグラはアレルギー性鼻炎の点鼻薬として処方されることが多い薬で、ドラッグストアでも購入することができるので、手軽に手に入れることができますが、鼻炎薬の中では効果が高い薬なので第1類医薬品に分類されていて、ロキソニンなどと同様に薬剤師の説明を受けなければ購入することができない薬です。
アレグラはスギ花粉症に効果が高いので、耳鼻咽喉科などでは花粉の時期になると処方が増えるのですが、アレグラは鼻炎や蕁麻疹に対して処方されることが多いので喘息などの症状に対しては処方されることがほとんどありません。
一般的に喘息の治療ではステロイドなどの吸入薬を用いることで慢性的な炎症を抑制して、症状が悪化した場合には頓服薬として気管支拡張剤が用いられます。
喘息などのアレルギー症状は季節や体調の変化によって起きるので、エクセルでデータ管理をすると頓服薬の使用頻度や体調の変化を知ることができるので、喘息などのアレルギー症状がひどい場合にはエクセルでデータを管理することが効果的です。

頓服薬は気管支を拡張する作用があるのですが、使用回数が増えることで心臓に負担になるので、発作を繰り返す場合にはアレグラなどの抗アレルギー薬とステロイド薬を併用して毎日の体調管理をしっかりとする必要があります。
エクセルによるデータ管理は個人的に情報を収集するためにはメリットが大きいとされていて、簡単に見やすい表を作ることができるので、喘息などの体調管理にも応用することができます。
アレグラは喘息にも効果がありますが、炎症を抑制する作用や気管支拡張の作用がないので、他の薬と同時に用いることになります。
アレルギー剤の内服薬を服用することで喘息の原因物質の影響を少なくすることができます。